2008年12月30日

C75冬コミお疲れ様と今後の展望

冬コミお疲れ様でした。
今回のドールズイングラムは主催ではなかったのですが、プログラマーとして腕試しができて面白かったです。ただ、せっかく横スクロールのゲームシステムを構築できてスキルも多少はあがったのに、これで終わりにするにはまだまだ物足りないという気持ちがあり、ドールズの今後の展望をコミケ後に狸野氏とわいわい盛り上がっていました。

まず方向性としてジャンプアクション系に進むのか、それともシューティング分を増やすのかで分かれました。

ジャンプアクション系はスーパーマリオやソニック的にステージの変化を増やしたり、ジャンプ(≒重力)で楽しさを演出したいという考えです。これは一見地味ですが、重力や物理演算的なギミックを追求したり、広いステージを縦横無尽に駆け回ることができれば内容的には楽しくなるのではないかと思います。また、2Dの箱庭的な世界を作るという意味では作る側も結構楽しいものです。

シューティング系はステージのギミックより攻撃のギミックを主体に置くことです。ガンスターヒーローズ、魂斗羅、メタルスラッグのような方向です。個人的にはあまり好きなジャンルではないのですが、ゲームを派手にできるという利点もあり、パリティの時には派手な演出を評価いただいていたので、実はもっとも得意とするジャンルなのではないかと勝手に自負しております。

さてどちらの方向に行けばいいのやら。単純に両方やれば良いじゃんとも思いますが、中途半端な方向性はゲームの面白さにつながらないのが弱点。
posted by 鶴 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25052365

この記事へのトラックバック