2009年07月12日

アクセラ納車

axera3.jpg
ついにアクセラ納車。いやもうなんていうかカッコイイ。
足回りもしっかりしていて加速も軽やか、運転していて楽しい車である。
i‐stopについてはオマケ程度にしか考えてなかったので興味はそれほどでも。赤信号のイライラが軽減されるのはいいが、変なタイミングでi‐stopがかかってしまうと逆にストレスが溜まってしまうのでOFFにしちゃうことも。

まだまだ乗り始めなのでこの車の魅力は現在徐々に模索中。
ハンドルを握ればZoom-Zoom! Mazda AXELA!

posted by 鶴 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年07月01日

アクセラ買っちゃった

axela2.jpg
もう数週間前の話になるのですが新型アクセラスポーツ20S買っちゃいました。今は納車待ちです。
簡単に言うけど買うまでにはそれはもう十分な下調べをして、グレードからメーカーオプション、ショップオプションのすべてを頭に入れていたので、アクセラに関してはもうディーラーの人よりも詳しくなっていました。人生で初めて買う車なので失敗はしたくなかったもので。
心配していたファニーフェイスの画期的なデザインですが実際に見てみると写真以上にカッコよくて、今では初代アクセラが地味に思えるほどです。
ちなみに色はセレスチアルブルーマイカ(通称ドラえもん)ボディタイプはハッチバックにしました。セダンもちょっとカッコイイかなと思ったのですが、ウチの彼女の頭の中ではセダン=おっさん臭いの構図が出来上がってるらしく泣く泣くハッチバックを選択するはめに……いや泣いてなんかないもん。
posted by 鶴 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月05日

アクセラたん欲しい

「わたくし今までFF(前輪駆動)車というものを馬鹿にしてました」そう語る彼の口調は穏やかだが、その眼は新しい玩具を発見した子供のように輝き放っていた。

清く正しいクルマというものはFR(後輪駆動)でありFFスポーツカーなんてものは製造コストを下げただけのまがい物にすぎない……と。確かにゲーム等では特徴を誇張するためかオーバーステア傾向が強く、実際に昔のFF車や軽自動車に乗っていると曲がり辛いという認識は持っていました。
だが、去年の奥州旅行の時、レンタカーでアテンザ(FF)を運転させてもらったときにその考えは180度ターンすることになったのです。実際に運転してみると、えっこれがFF?というくらいよく曲がる車でした。
日本のメーカーがFFを主流にするようになって20年以上。FRは一部のピュアなスポーツのみ許されるものになってしまい、値段の格差もより広がってしまって、大衆スポーツカーの終焉を嘆く声が聞こえていた中、日本のメーカーがFFの弱点をそのまま放って置いたわけではないのだなーとハンドルをもちながらしみじみ感じてしまいました。
そう認識するようになると今まで眼中になかったようなクルマに目が行くようになってくるわけで、視界を広げてみるとアクセラというアテンザより小柄にもかかわらずスポーティなモデルのクルマに惹かれてまいました。このクルマ調べれば調べるほど思ったとおりの評価で、低中回転での加速、ハンドリング、車体等などがバランスがよく完成されており、ロードスターのようなライトウェイトスポーツとは別のピュアなスポーツコンパクトとしての位置付けマツダの中で確立しているのだと思いました。
もっともアクセラがこの位置で成長し続けていられたのは日本ではなくて海外での評価、そして北米の若者の間でのスポーツコンパクトの人気のおかげであることを忘れてはいけないでしょう。ありがとうアメリカ人。君たちのおかげで日本でこのジャンルの技術が失われずに育ったことを感謝しています。
だが現在、アメリカ発の不況円高の影響で輸出に頼ったスポーツコンパクトの開発も危ぶまれる状況に陥っています。今こそ日本国内でもFFスポーツに注目し、昔のような大衆スポーツ文化を新たな形で花開かせるべきではないでしょうか。
……以上マツダ広報のように語る単なるマツダファンからでした。

それはそうと割と本気でアクセラが欲しい今日この頃ですが、もうすぐフルモデルチェンジすることになっていて2代目アクセラの姿がいろいろ公開されているではありませんか。
axela.jpg
でも新しいデザインが斬新すぎてどうもこのファニーフェイスなフロントマスクが賛否両論なのである。しかし何度も見ていると見慣れてきて、動画でもそれほど違和感なく走っているのを見ていると急いで現行モデルを買ったほうがいいのか、しばらく2代目が販売されるのを待つのがいいのか迷ってしまう、良い意味で微妙な次期なのです。
posted by 鶴 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月14日

奥州旅行

昨日の飲み会の後、福岡からきた友人と合流して連休は奥州旅行へ。
14日早朝にレンタカーを借りて出発。出発直後に事故。ちょおおおお!コンビニに停めてたときにぶつかってきたので100%相手払いになったのだが、事故検分やらで時間をとられる。
走行には問題ないのでそのままドアが凹んだ車で再出発。

高速をとばして岩手入り。ここで友人から桑島法子の朗読会のチケットを渡されて旅の目的を明かされる。まるで「水曜どうでしょう」的な展開に驚いたけどチケット代奢って貰ったし、ネィティブ訛りで宮沢賢治が聞けたのでラッキーだったかも。

翌日は平泉へ。
なんの変哲もないのどかな風景が続く。ここが昔、日本で2番目に栄えた都とは想像できない。世界遺産に登録されなかったのもなんとなく納得してしまう。

義経は楽土を求めこの地に落ち延び、そのことが逆に都を寂れさせることになってしまった。

夏草や兵どもが夢の跡
P1050682.jpg

義経やこの仏都を創った奥州藤原氏だけでなくこの時代の人々は皆ユートピア思想が強いと感じる。もちろん浄土思想の影響が大きいとは思うが、それ以上に、戦乱に疲れた人々は平穏が約束される地を求め、夢見ていたのだろう。
平家が壇ノ浦で追い詰められた時、8歳の安徳天皇を抱きかかえ「波の下にも都がございます」と身を投じたのも印象深い。

そいいう儚さ虚しさを小難しい仏教用語を使わずに言葉にすることができれば世界遺産に認めてもらうことも夢ではないと思う。
でもやはり難しいなー。こう書いてても自分で何を言ってるか分からなくなってるくらいだから。そういう思いをたった1行で表現した芭蕉はやはり凄い。

五月雨の降のこしてや光堂
P1050704.jpg

そういえば宮沢賢治もここをイーハトーブ(理想郷)と呼んでいたな。この地には本当にユートピアがあるのだろうか?
posted by 鶴 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月27日

最近

○○は発売するのですか?等の
元在籍していたメーカー関係のことをよく聞かれるのですが、
今となっては私も、噂程度のことしかしらないのでなんとも……。
posted by 鶴 at 21:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月06日

日光街道自転車の旅

人生に疲れたので自分探しの旅にでてきます。ってわけじゃなくて単に引越しの荷物に自転車入れると料金が高くなるって理由でそのまま乗って行っちゃいました。ええ東京−宇都宮110kmを。
P1050312.jpg
東京から宇都宮までは4号線で繋がっていて、古くは日光街道として栄えた街道。昔は徒歩で日光東照宮へ参詣していたというし
、ロードレーサーなブログだと一日で軽く走破しちゃうと書いてあったのを信じてしまったのが最初の間違いでした。
はいド○キで買った数千円のチャリと運動不足の肉体では開始1時間で足腰痛くなってきちゃいました。
それでも休み休み走り、途中のネットカフェで一泊して大体走行時間12時間ぐらいで宇都宮に到着しました。
P1050315.jpg
気がついたのですが、写真のように歩道はタイヤ用に舗装されているわけではないので
長時間走っていると振動で腰に負担がかかってしまうということです。車道を走っていればスムーズに流れるので大分楽になりました。
しかし国道は交通量が多い道なので数センチ横を大型トラックが走り抜けたりして恐怖を感じます。
車を運転する側からみれば自転車邪魔だなーとか思ってるのだろーな。まあ私もそう思ってましたが。

posted by 鶴 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月08日

尿管結石

久しぶりの更新で病気のことなんて書きたくないんだけど、人に会うたびに何度も説明するもの大変なのでまとめて書いておこうと思います。色々と心配や迷惑もかけたかもしれないので。

1週間くらい前から急激にお腹が痛くなり始めて、痛み止めを飲まないと夜も眠れない状態がつづいていました。実は一ヶ月くらい前に下腹部が痛くなったことがあって、膀胱炎?かなと疑っていたのですが、そんな程度の痛みとは比べ物にならないほど酷い痛みが今回やってきたのです。(ちなみにお腹が痛いとなるとつい前を押さえてしまうのですが、実は痛いのは背中側でした。先生に背中を押されて思わずギャッと悲鳴をあげてしまったり)

簡潔に症状を述べると、右腎臓の出口あたりの尿管に結石が詰まって、腎臓がパンパンに膨れ上がっていたわけなんです。
これがとんでもなく痛い。しかも熱もでて吐き気もするし変な汗もでるし。もう少しで救急車で運ばれてそのまま入院する所でした。

で、治療の方は、とりあえず結石を小さくする薬と排尿を促す薬とで様子を見ているところです。これで出ないとなるとまた大事な事態になって面倒なのでさっさと石が出て欲しいところです。
posted by 鶴 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月04日

吾妻峡

P1020180.JPGP1020192.JPG

新緑の吾妻峡。川原湯温泉駅から歩いてすぐの場所です。
このあたりはなかなかの絶景が続くのですが、八ッ場ダムの建設によって、あと数年でこの景色もダムの底に消えてしまうとのこと。うーん残念。
posted by 鶴 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月03日

きをつけよう

tsjkの発言:仕事がんばるにゃー。
鶴の発言:そにゃことないにゃー。
tsjkの発言:ちがう!「にゃ」ってのは、「な」がなまった表現だ。九州っぽく。
鶴の発言:そんな九州弁あったか?
tsjkの発言:ちなみに、戸田奈津子がよく使う「急がにゃ!」とかとも違うので注意が必要だ。
鶴の発言:ああ、そいつは気をつけにゃ!
posted by 鶴 at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月21日

今週の映画情報「マイアミバイス」

鶴 マイアミバイスは観にいくの?
tsjk つうか、百数十億かけたらしいが、かなり評判はよくないらしい。
鶴 バイスの音楽って
鶴 あれだよね
tsjk あれだ
鶴 ほらあれ、微妙に古い曲
鶴 あー思い出した Linkin Parkのナンブ?だっけ
tsjk ああ、リンキンパークね。
tsjk なんて曲?着うたにしよう
鶴 だからナンブ。nanbかnumbかそんな感じ
tsjk 確かにリンキンのnumbに間違いないが、映画のバージョンとは全然違うな・・・
tsjk マイアミバイスバージョンの曲はすげーかっこいい。
鶴 ニューナンブか?
tsjk それ銃

ニュー南部って書くとマイアミっぽい
(※本当はナムという発音の方が正しいので受験生は真似しないように南無)
posted by 鶴 at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月30日

Chrono-Crane

 最近、良い腕時計がないかと色々調べていたのだが、クロノグラフ、パーペチュアルカレンダ、パワーリザーブインジケーター等々、よく分らないが機能説明を聞いているだけでなんとなく欲しくなってしまう罠にはまりつつある。ただそれらの精密機能が付くとお値段もアップするので気がぬけない。得にトゥールビヨンなんてついた日には+100万〜1千万は覚悟しなければいけない。

 むろんそんな高い精密機能に頼らなくても、高精度&高信頼性を求めるならば、電波修正が付いているだけで十分なのだが。さらにソーラーなんて付いてたらもはや永久機関と言っても過言ではなかろう。
 だがクオーツの秒針はチッチッチッと味気ない音を出すのであまり好きではない。機械仕掛けのチチチチチという音の方が小さなカラクリな感じがしてイイのだ。

 てなわけで手ごろな値段で機械式のCOGU〜Italy〜POWER RESERVEに一目ぼれ。
自動巻き、パワーリザーブインジケーター、テンプスケルトン、そしてなんとトゥールビヨン(……風のギミック)。これが1万チョイで手に入るから逆に不安になってしまう。案の定ネットでの評価はあまりよろしくない。特に精度が。いや私もイタリア人の作った時計というだけで尻込みしてしまうのだが……結局お店で実物を見たらそのまま衝動買いしてしまう。
IMGP3523.JPGIMGP3522.JPG
まあ、デザインもギミックも気に入ったので後悔はしていない。
しかし、これが噂通り1日に何十秒も狂うシロモノだったら、次回の衝動買いは電波ソーラー編になるだろう。
posted by 鶴 at 01:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月14日

よつば育成中

live0000.jpg
http://www.cranehouse.jp/live.jpg
鶴の発言: ライブカメラ付けてみたんだけど
狸野の発言: あはは、なんだこりゃw
鶴の発言: 水を忘れて枯れかけても、誰か教えてくれるかなと思って
狸野の発言: しおれてるんだが
鶴の発言: いやいや、これから葉が開くんだって
鶴の発言: つか、夜は窓に反射して部屋の中が映ってるのが嫌だな
狸野の発言: いや、部屋の中知らない人は、何が映ってるか分からないよ
鶴の発言: 幽霊とか映ってたらどうする
狸野の発言: そのときは連絡するよw
鶴の発言: いや、しないで……
posted by 鶴 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月29日

炎のゴブレット

tsjk の発言: なんかDVDみたいのー
鶴 の発言: 借りてきなよ。
tsjk の発言: 何を
鶴 の発言: ハリー4.
tsjk の発言: 「泣けるぜ〜」
鶴 の発言: そりゃダーティハリーだろッ!
tsjk の発言: つうか、エマ・ワトソンがかわいいから問題ないと思われ。
鶴 の発言: うむ、問題ない。
posted by 鶴 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年10月28日

ワンダと巨像

どんな感じのゲームかというと。
すげぇシームレスだ。フィールド広ぇ。わぁ巨像だ、でけぇ。
・さぁ行くぞ「わー」→踏み潰される→ひぃ→死亡(やりなおし)
・剣で攻撃カーン→踏み潰される→ひぃ→死亡(やりなおし)
・弓で攻撃→全部跳ね返され棍棒で殴らる→ひぃ→死亡(やりなおし)
・とりあえず逃げ回りながら作戦を考える→なぜか突然ヒント「足を攻撃しろ」→足を攻撃→踏み潰される→ひぃ→死亡(やりりなおし)

そんな感じでもう何十回も踏み潰されているんですが、一向に倒せる気がしないのですが……。

踏まれるのが好きな人にオススメなゲームです。
posted by 鶴 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記